Return to site

ひがしとこワンマンライブ

@GANZ toi,toi,toi

2017/12/10に、GANZでは3回目のひがしとこワンマンライブ「とこきよる vol.3」を行いましたいま部屋が寒くてさぶいぼたてながらブログを書いていますヨ。

みなさんはあったかいところで読んでくれていますように。

2017/12/10

当日も、寒かったらどうしようなあ、みんな大丈夫かなあ、とおもっていたけど、前日よりは少し暖かくて、だけど夕方には雨が降ってきてしまいました。みんなが来る頃きっと丁度雨でしたね。傘とか持ってたかなあ、大丈夫でしたか?

開場してみると、ほんとにたくさんの方が遊びに来てくれていて、ステージ裏にいたら、ざわざわしているのが聞こえて来て、わたくしの心もざわざわしてきて、うれしかったです。

2017/12/10(Sun)@GANZ toi,toi,toi

セットリスト

1.靴擦れ

2.耳鳴り

3.恋人つなぎ

4.朝

5.溢れた

6.未明

7.ルールーの夜

8.大きな部屋(弾き語り)

9.夢(弾き語り)

10.Can't Wait Tik Christmas(カバー・鍵盤弾き語り)

11.Baby Blue(鍵盤弾き語り)

12.みかさ

13.呼吸

14.さよなら運命

En.星の降る夜

ドドドと歌いました。

ほんとにね、これはみんなが言ってくれたんですけど、会場がとてもあたたかい空気感でしたよと、たくさんたくさん言ってくれたんですよ。

わたしもそう思いました。うおー、あったかい空間だ!って思いました。

みんながあったかくしてくれた会場で楽しく気持ちよく、歌わせていただきました。

今回バンドは、

Gt.一色旬(The Wow)

Ba.LENO(meu)

Key.草壁礼己

Dr.ぴろりん

の5人編成でお届けしました!

めちゃくちゃ良い感じだったのではないでしょうか。バンドメンバーのみんなとスタジオ入ってる時とかほんと楽しくて、こりゃいい感じにしかならないぞ!と思ったからね。

礼己さんとは2人でキーボードの弾き語りもお送りいたしました。あのキーボード、めちゃくちゃすごくて、ああ語彙力足りないんだけど、みかさ弾いてもらった時とかバンドメンバー全員でうわー!ってなったんですよ。

ワンマンで初めてバンド演奏で披露した曲もあったりして、ドキドキしたなあ。

恋人つなぎと、みかさと、星の降る夜がはじめてでしたね。星の降る夜はね、わたくしが初めて作った曲なんですけど、ほんとにいろんな人に好きだと言ってもらえる曲です、嬉しいです。

2017/12/10

それから、そうそう初めてのコール&レスポンスに挑戦しました。

呼吸で一緒に歌ってほしくて!

すっごい感動しました。うおー、わしの曲をみんなが歌ってくれてる!あれは!良い!

またぜひやりたいです。慣れないコール&レスポンス、みんな一緒に歌ってくれてほんとにありがとう。

2017/12/10

物販にもたくさん話しにきてくれてありがとうございました。

今回はドイツのお友達のUlrich KutscheraのCDも無料配布したり、久しぶりにチェキ出したり、(実はバンドメンバーのチェキも混ざってましたよ)、あ、そうだ差し入れもたっくさんいただきました。ありがとうございます。

来てくれるだけで本当に嬉しいのに!

アーティストのお友達も何人か来てくれたり、実は家族も来てくれていましたり。最初は家族なんて恥ずかしい!と思っていたのに今では来てね!って感じだから不思議だ。

2017/12/10

あー、書いてたらワンマンの空気感をまざまざと思い出し始めてどきどきしてきた、眠れなくなる。

言葉では書ききれませんし、なんども言ってしまうけれど、本当に本当にありがとうございました。

バンドメンバー、ミュージシャンのお友達、大好きなGANZのスタッフのみなさん、カメラのあげぽよ、そして何より遊びに来てくれたみなさん!!!!!!と、家族。

個人情報の都合でみんなの名前は書けないけど、来てくれたみんなの顔ぜーーーんぶ覚えてます。

笑ってる顔みて、すっごくこっちも嬉しくなりました。

書いてたらとまんないな。

おしまいにしよかな。

こないな感じで、急にブログを始めて見ました。

どうでしょうかね。

これからこちらでつたないブログを書いていこうと思いますのでみなさまどうぞよろしくおねがいたします。

きよるとこ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly